ネット銀行とは?

インターネット環境が広く普及したことで、近年急増しているタイプの銀行に、ネット銀行があります。基本的なシステムは一般の銀行と大差ありませんが、サービス面や利用方法などで、色々な違いがあります。ネットサービスも様々なタイプのものが広まって来ているので、併用することでよりお得で便利なものも増えています。

一般的な銀行より、圧倒的に少ないのが店舗数です。ネット上の取引に特化している銀行のため、営業店舗数やATMの数が少ないのです。基本的には預金通帳も発行されません。その代わり、パソコンや携帯電話など、インターネット環境があれば、リアルタイムで口座の情報が確認出来て、振り込みや取引確認もしやすいというメリットがあります。手数料も従来の銀行より安く抑えられているため、より手軽な銀行取引が可能になっています。店舗運営にかかる人件費等の費用も抑えられるため、金利も高めに設定されています。

その反面のデメリットとして、アクセスの便利さがトラブルを招く可能性があります。IDやパスワードの流出で、第三者に預金を引き落とされてしまう危険性があります。また、これらの自己管理も必要とされるため、紛失してしまった場合の再発行手続きに手間がかかる場合も多いです。また、税金の還付金や年金等の受付には使えないため、ネット銀行ひとつで生活するのは難しいという点も挙げられます。

当サイトでは、ネット銀行と普通銀行の違いやメリット、デメリットについて紹介いたします。

ネット銀行とは?

ネット銀行の仕組み
ネット銀行と一口に言っても、実際はいくつかの種類に分けられます。 普通銀行のネット銀行部門は、三井住友銀行のSMBCダイレクトや、ゆうちょ銀行のゆうちょダイレクトなど、普通銀行の口座と並行して利用出来るタイプです。 また、普通銀行のネット支店という形で、ネット銀行を展開させているところも・・・
ネット銀行の注意点
ネット銀行のマイナスポイントに、自分でIDやパスワードを忘れてしまうと、再発行の手続きが恐ろしく大変ということが挙げられます。すべてがネット受付で、実印登録もなく開設出来てしまうタイプの口座の場合、パスワードやIDの紛失で、口座そのものが使えなくなってしまう場合もあります。パスワードやIDは、・・・